インターネットサービスがWEB

WEBデザイナーになるのなら、フォトショップを抑えよう

WEBデザイナーとして、覚えておかなくてはいけないグラフィック用ソフトの中に、フォトショップがあります。ですが、実際にはどういった時に使用するのか、解らない人も多いのではないでしょうか。フォトショップは、WEBサイトのレイアウトデザインや、画像の調整をしたい時などに使用するソフトになります。コーディングをする手前の、画像の切り出しまでの作業を行いますので、絶対に覚えておきましょう。フォトショップには、影をつけたり、境界線を引いたりなどが出来るレイヤー効果や、スタイルなどをデザインする機能が充実しておりますので、様々な機能を活かすことが出来ますので、是非色んな機能を使ってみて下さいね。

また、会社によっては、フォトショップのバージョンが古い所もあります。ですので、古いバージョンですと、ImageReadyというソフトがセットになっているのです。稀に、会社によっては、面接などでImageReadyが使えるのかどうかといった質問をされる事があります。ですので、ある程度、平均的に使用できると、就職に役立てることが出来るでしょう。フォトショップは、WEBデザイナーとして、覚えておかなくてはいけないソフトになります。しっかりと勉強するようにしましょう。

関連記事・情報

Copyright (C)2017インターネットサービスがWEB.All rights reserved.