インターネットサービスがWEB

WEBマーケティングの歴史について

日進月歩で発達を遂げるインターネットの世界において、既存のマーケティングでは対応しきれない部分が出てくるようになりました。そうした部分を補う形で誕生したのがWEBマーケティングという新しい概念です。日本でインターネットが使われるようになったのは1988年が最初で、その後、急速に発展をしていくことになります。そんな中で最初にインターネットに登場した広告はバナー広告でした。TVで言えばCM広告に似た発想です。その後1999年になると、新しい広告の形としてアフィリエイト広告が登場します。当初は、クリックによる課金がほとんどでしたが、その後のクリック不正の多発により、成果報酬型が中心になってきました。

2002年になるとまた新しいスタイルとしてリスティング広告が誕生します。この方式は今現在でも主流であり続けています。現在では、さらに他にも、動画広告やソーシャルメディアを使ったマーケティング等、様々な広告のスタイルが登場するようになってきました。また同時に、マーケティングにおいてその成果を測定するために必要となるアクセス解析ツールについても、広告の進化と共に様々な変遷を遂げています。これらのツールにより広告の検証が精密に行われるようになり、そこからまた、今後も新しいスタイルの広告が生み出されていくことになります。
Copyright (C)2017インターネットサービスがWEB.All rights reserved.