インターネットサービスがWEB

雑誌媒体の代わりにWEBを活用

現在、雑誌の出版社に勤めています。基本的な仕事は広告の営業です。電話でアポイントメントをとり、仕事をもらうシステムです。しかし昨今は、雑誌業界は軒並み不景気なようで、私のいる会社もご多聞に漏れず、売上は下がっています。

社内であれこれ対応策を考えてはいるのですが、その中で出てきたのがWEBでの展開です。タレントを起用していろんな企業に取材へ行き、経営者にインタビューをして広告をとるという仕事ですが、雑誌だけでは広告価値が低く見られるので、それ以外で広告価値を引き上げることができないかという話になりました。

そこで手っ取り早いのはインターネット、WEBを通した発信です。もちろん、それを外注にすればそれだけお金もかかるわけで、なんとか自前で出来ないかということで、社員がいろいろ講習に出かけたりしています。その中で、単にホームページの作り方を習うだけではなく、講習を行っている会社がホームページ代行の提案をしてきました。私の会社にある営業ノウハウを活かして、ホームページの注文を取ってくるというシステムです。一件500円とかそういったレベルですので、結局はなしになりましたが、いくつかの企業で分担しあってお金を生み出すシステムは必要だと思いました。

関連記事・情報

Copyright (C)2017インターネットサービスがWEB.All rights reserved.