インターネットサービスがWEB

WEBで以前使われていた古い言葉

インターネットのWEBでの昔頻繁に使われていた言葉で、今では死語のようになってしまっている言葉というものがあるということで、そんな話題がありましたが、それはどの分野でもあるでしょうが、それを使っている人は年齢がわかるということのようです。年齢がわかろうが、わからなかろうがどちらでもよいようなものですが、その例をいくつか挙げてみると、一番意外だったのがネットサーフィンという言葉で、私もあまり使われていないので、あえて色々使ったりしましたが、やはり死語に近いようです。その他ではテレホーダイという単語もありました。確かに昔はよく聞きましたが、今では意味も検索しないとわからないという感じです。

その他にもたくさんありますが、マルチメディアやブロードバンド接続などもそうだそうで、ユビキタスなどの言葉もありましたが、そういえばあまり聞かなくなったようにも思います。ユビキタスなどは懐かしいなという感じですが、それぞれの言葉もなぜ使われなくなったかということも調べてみると面白いと思います。また多分いま盛んに使われている言葉も、すぐに使われないくなる古い言葉になるのかもしれないとも思いました。なかなか考えさせられます。
Copyright (C)2017インターネットサービスがWEB.All rights reserved.